起業家物知り情報局

自分勝手な独りよがりの考えで構築するものではなく、顧客にとって価値や意味があることが大切なのです。「その人ならではの強みや価値」を、個人のブランド、パーソナルブランドと呼びます。

 

ただし、商品・製品ブランドにおいて消費者からのイメージが決め手となっているように、パーソナルブランドも、顧客の評価やイメージによって決まることを忘れてはなりません。例えば、同じ品質、同じ機能の商品を比べた時、多少割高でもお気に入りのブランドの方を選んだ経験はありませんか?素材や品質、機能、価格に対する判断基準を飛び越え、そのブランドの商品を選ばせてしまう、そういった魅力がブランドのパワーと言えるでしょう。

 

「〜と言えば○○さん」といった評判を得ている人は、「○○さんに頼めば、きっといい結果が得られる」という期待や信頼を持たれています。それがパーソナルブランドを築くことの意味です。

 

同じことが個人についても言えます。企業や商品・製品には様々なブランドがありますが、ブランドの考え方は、私たち個人にも当てはまります。

 

すると、おのずと仕事が集まり、その仕事や成果を通じてさらに評判を高めるという申し分のない循環が生まれます。